1. ホーム
  2. システム
  3. NEOS
  4. 証明写真の「データ書き出しディスク」とはどのようなサービスですか?
  1. ホーム
  2. システム
  3. NEOS
  4. 一般
  5. 証明写真の「データ書き出しディスク」とはどのようなサービスですか?

証明写真の「データ書き出しディスク」とはどのようなサービスですか?

ご発注を頂くオーダー毎に、注文頂いた証明写真のトリミング・補正後の画像データをまとめて1枚のディスクに書き出しを行うサービスです。本サービスは有料オプションとなっており、ご注文頂く1カットあたりの料金が発生いたします。

ご利用は、証明写真ご注文時のオーダーサイズと枚数・各種設定画面の全体設定で、データ書き出しディスクを「つくる」としていただきますと、ご注文が可能です。

データ書き出しディスクをつくるとしてご注文を頂きますと、トリミング・補正済みの画像データを書き出したディスクを証明写真と合わせて、中3営業日でラボより発送いたします。

ディスクは、ご発注を頂くオーダー毎に1枚作成されます。書き出されるデータは、1カット毎にご発注いただく証明写真のプリントサイズ毎に作成されます。料金は、ご注文頂くカットあたりで発生いたします

●書き出されるデータと課金の考え方

・ディスクは、ご発注を頂くオーダー全体で1枚作成されます。
・ディスク内には、注文いただいた証明写真のプリントサイズ毎のデータすべて格納されますが、ご利用料金は、ご注文いただいたカット数での計算となります。

▼利用例

一度のご注文で100カット、30×40mmと40×50mmのプリントサイズでデータ書き出しディスクをつくる場合

<納品物>

・30×40mmと40×50mm のそれぞれの証明写真が100枚ずつと「データ書き出しディスク」1枚

<データ書き出しディスクの中身>

・30×40mmと40×50mm のそれぞれトリミング、補正済みのデータが各100枚ずつ(合計200枚)入っています。

<ご利用料金>

・30×40mmと40×50mm それぞれの証明写真プリント料金
  +
・100カット分の「データ書き出しディスク」のオプション料金

更新日 2020年2月20日

この記事は役に立ちましたか?

関連記事